青春18きっぷのススメ

こんにちは、よーぶんです。

明日からJRグループの青春18きっぷ夏季有効期間が始まります。
そして夏季は9月10日まで使用可能です。
青春18きっぷについて御存知のない方はまず下記リンクを参照下さい。
https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?txt_keyword=%90%c2%8ft18&mode=keyw&SearchFlag=1&GoodsCd=2648
(JR東日本HPより)

簡単に言うとJR全線において普通列車1日乗り放題のきっぷが5回分セットになった切符です。
その気になれば北海道から九州まで普通列車で旅をすることが可能です。
ま、かなりシンドイのは否定しませんが(笑)
よーぶん氏のように30ウン年前の小学生時代からこの切符を使っている者としては、
新しい新幹線開業による並行在来線の第3セクター化等でずいぶん使いにくくなっていますが、
期間限定とはいえ、日本全国をフリー区間に設定している定期的な企画きっぷとしては、
この青春18きっぷは今も唯一無二の存在です。
普通列車だけ?、時間かかるじゃん?、不便だよね?、シンドイよね?
ハイ、その通りです(爆)

しかしよーぶん氏がこのきっぷをススめるにはそれなりの訳があります。
確かに新幹線や飛行機でビューンと目的地に向かうことは、
早く快適で効率的で、すこぶるリーズナブルなわけです。
でもそれだけが”旅”なのか?とよーぶん氏は皆さんに問いたい(笑)
何故かはわからないけど妙に気になった町や村。
きれいな車窓に惹かれて途中下車してみた田舎の小さな駅。
フーテンの寅さんじゃないけどそんな行き当たりばったりの旅こそ、
都会の喧騒や人間関係に疲れた現代人にはかけがえのない経験になる気がするのです。
都会から地方に移住して生活することを”スローライフ”なんて言いますが、
少し長めの休みにこの青春18きっぷを使って”スロートラベル”なんてのも、
よーぶん氏はいいんじゃないかと思うわけです。

確かに今年はコロナ禍で夏休みの旅行もどうなることかわかりませんが、
だからこそ密を避けながら風の吹くまま気の向くままの旅はどうでしょう?
快適な移動手段で目的地までひとっ飛びして、
有名観光地に行くだけやラグジュアリーなホテルに泊まるだけが旅ではありません。
皆さんの”旅”の定義、青春18きっぷ使って変えてみませんか?
30ウン年に渡る青春18きっぷ愛用者でもあるよーぶん氏が、
これから何回かに渡って青春18きっぷの上手な活用法なんかを、
このブログで御紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です