原岡桟橋(千葉県南房総市) – フォトジェニックを探して 第1回

こんにちは、よーぶんです。

夏だ!海だ!水着のねーちゃんだ!(笑)
でもコロナだ[バッド(下向き矢印)]
コロナウィルスめ、我々の楽しみを奪いやがって。
やられたらやり返す、倍返しだ!!(爆)
某TVドラマの影響受け過ぎてるよーぶん氏ですが、
いつかワクチンで倍返ししてやりましょう、マジでそう思ってます(笑)

さてそうはいっても、
夏の日差しに輝く青い海見なきゃ夏感じられませんよね。
そんなときはふらっと海を見るためだけに出掛けましょう。
泳ぐわけでも砂浜でバーベキューするわけでもありません。
ただ青い海にコロナで荒んだココロを癒してもらいましょう。
そんな人におススメなのが房総半島にある、
こちらの古い桟橋です。

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿


こちら千葉県南房総市の原岡海岸にある、
東京湾へ向けて伸びる桟橋、通称”原岡桟橋”です。
電車でも行ける場所です。
内房線富浦駅から歩いて10分程度でしょうか。
詳しい場所は下の地図を参照下さい。

東京湾って言っても房総半島まで行けばこの美しさです。
CM等にも使われた場所なので結構有名な場所ではありますが、
周辺には特に何かがあるわけでもなく、
この桟橋に座って風に吹かれながら海を眺めるだけでも、
忙しない日常を一時でも忘れられます。
そしてカメラ片手に刻々と変わってゆく海や空の表情を切り取れば、
結構フォトジェニックな写真が撮れますよ。

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿


夜もかなりおススメです。
静まり返った桟橋に灯る豆電球の灯り。
遠くには浦賀水道を往来する大型船の灯りも見えます。

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿


そしてこの素晴らしい眺めに人物絡めて撮ると、
また絵になります、こんな感じで。

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿


よーぶん氏が訪れた際には残念ながら、
毎回見ることは叶っていないのですが、きれいに晴れ渡った日には、
対岸にあの富士山が姿を現すそうです。
よーぶん氏もいつかは富士山を入れて撮りたいと思っています。

このコロナ禍の中ではいつもの夏のように、
海を楽しむことは難しいかもしれません。
だからこそいつもの夏とは違う楽しみ方、
青い海と青い空をフォトジェニックに撮ってみませんか?
原岡桟橋、そんな写真撮るのには素敵な海です。