根府川駅(神奈川県小田原市) – フォトジェニックを探して 第3回

こんにちは、よーぶんです。

海と山と交互にきたこの企画、今度は再び海に戻ります(笑)
今回は都心から電車1本で行ける場所です。
御紹介したいのは東海道本線根府川駅。
行政上は神奈川県小田原市です、場所はこちら。

東海道本線の電車は小田原駅を出発すると、
進行方向左手に相模湾を眺めて熱海方面へ向かいます。
晴れた日にはこの相模湾の青さが素晴らしい眺めです。
そして小田原駅から2駅目がこの根府川駅です。
駅員さんはいません、すなわち無人駅です。
ちなみに東京から熱海までのJR東日本管内の東海道本線において、
この根府川駅は唯一の無人駅だそうです。
とにかくホームから眺める相模湾の青さは絶品です。


どうです、この青さ。
よーぶん氏も40年余りを生きてきましたが、
その間すっかり世俗に汚れきった心が洗われそうな青さです(笑)

またこの根府川駅ですが変わった構造になっていて、
ホームと駅舎の高さが異なり、ホームは崖の下、駅舎は崖の上にあります。
このためホームを跨ぐ跨線橋と同じ高さに木造平屋建ての駅舎が建っています。
そしてこの駅舎の改札口から見える相模湾がとってもフォトジェニック。


いかがでしょう、なんとなく改札口の雰囲気も懐かしい感じで、
キラキラ輝く相模湾がとってもステキじゃないですか。
都心から1時間半程度の場所なんてちょっと信じられない風景です。
この青い海眺めて過ごすだけでも悪くないと思える場所です。

ちなみにこの根府川駅、朝日も素敵な場所だそうです。
早起き苦手なよーぶん氏はまだ見たことありませんが(笑)
特に元旦の初日の出は結構な人出で賑わうとか。
よーぶん氏もいずれ朝日の昇るこの海を撮ってみたいと思ってますが、
前述の通り早起きがまったくダメなので、いつになることやら(笑)

東京駅から東海道線電車で約1時間半余り。
都心からこんな近くにもこんな青い海があるんです。
次のよく晴れた休日、
こんな青い海眺めるだけにカメラ片手に電車乗って出掛けてみませんか?

☆この記事を読んだ方は下記記事もおススメ!☆
1. 原岡桟橋(千葉県南房総市) – フォトジェニックを探して 第1回
2. 群馬県奥四万湖 – フォトジェニックを探して 第2回
3. 青春18きっぷ、よーぶん流路線別攻略法 – 東海道本線編1