マルタスピノーラ湾(マルタ共和国) – フォトジェニックを探して 第4回

こんにちは、よーぶんです。

早く海外渡航が出来る情勢になることを祈って、
こちらの企画も海外へ(笑)

今回は地中海に浮かぶ美しい島、マルタ島です。
そして御紹介したいと思うのは、
マルタ最大の歓楽街セントジュリアンズからのスピノーラ湾の眺め。
御覧下さい、この南地中海リゾート感、
いや南地中海リゾートそのものなんですが(笑)

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿

ベイサイドのカフェでカプチーノ飲みながら撮った1枚です。
なんだお前、こんな所でリゾートかって思った方、
とんでもない大変な誤解です(笑)
このときのよーぶん氏、信じられないことに仕事でした(汗)
断言します、仕事で来るところではありません(笑)
仕事する気なくなります、朝から夜まで遊んでたくなります(笑)
しかもホテルがこの近くだったもんですから余計に(爆)
さて場所は首都バレッタから少し離れた、こちらです。

もともとはイギリスの領土だったマルタですが、
独立後は地理的な関係でイタリアとの関係が深いようで、
よーぶん氏が仕事で行った場所もイタリア資本の企業でした。
仕事してる最中にも次から次へと大型クルーズ船が入港してくるわけで、
一体ここはどうなってるんだろうと思ったものです。
しかもこのセントジュリアンズはマルタ最大の歓楽街ですから、
この周辺はリゾートホテルだらけなわけで、
夜な夜なにぎやかなパーティーがあちこちで催されます。
ひとりで夕食してるとなんと場違いなところに来たんだろうかと(苦笑)
そんな週末の夜のスピノーラ湾がこちら。

この投稿をInstagramで見る

よーぶん(@yohbun_sceneryphotos)がシェアした投稿

近くにはカジノもあって特に週末は大賑わい(笑)
ぜひリゾートで来てください。
仕事はダメ、絶対に(笑)

日本からのマルタへのアクセスですが、
よーぶん氏の記憶に間違いがなければ日本からの直行便はありません。
よーぶん氏はエミレーツ航空でドバイ経由で行きました、遠かった…。
もちろん地理的な要因もあって観光が主産業な国なのですが、
現地に行ってよーぶん氏は知ったのですが、語学留学も大変多いそうです。
確かにイギリス領土だったので英語も公用語なんですよね。
南地中海リゾートを楽しみながら英語を習得する、いいですねぇ(笑)

しかし物価が高かった記憶があるんですよねぇ、
国自体が小さな島国ですし、観光に依存している国なので、
これは仕方ないことかもしれませんが。
ともあれ南地中海ならではの青い空と青い海、とっても魅力的です。
なかなか日本人には見落とされがちな国なんじゃないかと思いますが、
ぜひ訪れてもらいたいステキな島国です!

☆この記事を読んだ方は下記記事もおススメ!☆
1. 原岡桟橋(千葉県南房総市) – フォトジェニックを探して 第1回
2. 群馬県奥四万湖 – フォトジェニックを探して 第2回
3. 根府川駅(神奈川県小田原市) – フォトジェニックを探して 第3回