α7CをSONYが発表!よーぶん氏はどう見た?

こんにちは、よーぶんです。

先日よりSONYが発表を予告していた新しいカメラが本日(9/15, 2020)発表されました。
発表された新しいカメラの名はα7C。
α7C
(SONY HPより)

新しいコンセプトのカメラになるとSONYは予告していましたが、
どんなコンセプトのカメラなのか、よーぶん氏が明らかになったスペックから読み解いてみます。

1. α7Cとは?
SONYのフルサイズミラーレス機α7シリーズは”7″の後ろに付くアルファベットで、
派生モデルのコンセプトを表現してきました。
例えば”R”はResolution、すなわち高画素モデル、
また”S”はSensitivity、すなわち高感度モデルという感じに。
今回のα7Cの”C”はコンセプトはCompact。
ただコンパクトということではなく、これまでのα7シリーズが培ってきた高性能との両立を果たす、
“Compact”であるとSONYは謳っています。

2. α7Cの特長
まずはフルサイズ機として世界最軽量となる509g(バッテリー等込み!)のボディですね。
しかもこのボディに大容量のZバッテリー採用でこの軽さ、これはスゴイ!
とりあえず紹介動画を貼っておきます。


(SONY HPより)

この動画等を踏まえてざくっとまとめてみました。

A. スタンダード機α7iiiと同様の2400万画素裏面照射型センサー並びに画像エンジンの採用
B. スタンダード機α7iiiと同様の像面位相差AF695点/コントラストAF425点のファストハイブリッドAF採用
C. タッチ操作にも対応等、さらに進化したリアルタイムトラッキング
D. 人物/動物共に対応したリアルタイム瞳AF
E. 小型軽量ボディでありながら最高10コマ/秒の連写性能を実現
F. フルサイズ領域全画素読み込みによる6K相当の情報量による4K動画出力が可能
G. ISO感度100-51200(拡張50-204800)の高感度耐性
H. 5.0段の手振れ補正効果
I. バリアングル液晶の採用

うん、これは事実上スタンダード機α7iiiの高性能をギュッとコンパクトなボディに詰め込みましたということでしょうか。
また瞳AFなんかはα7Rivあたりで実現した機能も搭載されているようです。
しかもタッチパネルでの操作機能が強化されている印象です、これもα7Rivに揃えてありますね。
一方で若干コンパクトとなったことで省略された部分もありそうです。
シャッタースピードはメカシャッターで1/4000秒に抑えられています。
またカスタムボタンは減りましたね、割り当て可能なボタンは7個。
ただ動画用シャッターボタンにも機能割り当ては可能なようです。
そしてEVFが小型化されているようです、これは仕方ない気はしますが。
こう見てくると小型軽量ボディにかなり先進の撮影機能を詰め込んだカメラだと思っていいでしょうね。
価格は21万円程度が予想されているようです。
う~ん、20万円切るとかなり驚きだったんですが(苦笑)

3. まとめ
よーぶん氏にはこのカメラのスペックを通して感じたことがあります。
このカメラはスマホ世代、すなわち初めてのカメラがスマホだった世代に対して、
SONYが送り出すフルサイズ機ではないかということです。
よーぶん氏のような昭和世代(笑)が持つ「カメラとはこういうもんだ」という固定概念のようなものを、
ぶっ壊してやろうというSONYの意思を感じるのです。
その固定概念ゆえに「カメラはスマホで充分じゃん、あんな大きいヤツはいらない」と、
レンズ交換式カメラを敬遠していた層に対してアプローチすることを意図したモデルではないかと。
スマホで写真/動画の魅力に気付いているスマホ世代を、
どうにかカメラ所有に引っ張り込むことを使命に帯びたフルサイズ機、それがα7Cの正体かと。

したがって長くカメラに慣れ親しんだ方なんかがサブ機として考えると、
ちょっと物足りないところがあるかもしれません。
でもターゲットとしているスマホ世代がそこにこだわるかどうか、
そこがSONYにとってこのα7Cにおけるスペック決定における”選択と集中”だった気がします。
フルサイズカメラとしてはエントリーモデルっぽい位置付けに見えますが、
でもスマホをエントリーなカメラとして考えたなら、その上を行くスタンダードモデル相当。
ただのエントリーモデルとして考えてはいないSONYの戦略を、
このα7Cのスペックとコンセプトによーぶん氏は垣間見るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です